結婚式鬱

高校から大学院までは、毎日のようにブログを書いていたんですけどね。

余裕が無くなってから?自分に自信が無くなってから?書く習慣が無くなってしまいました。

さて、このブログ、6年前に作ったんですね。そんな前でしたっけ。

大学院時代のつらい気持ちを吐き出すために作ったような気がします。

 

 

そんな私も31歳。はえー。おっさんだなー。

そして、今年5/1、令和婚してしまいました。はえー。嘘やろ。信じられん。

お相手は、2年前に書いた前回の記事のドライブデートの相手ですよ。

うわー。すげー。(他人事

鬱ブログの鬱鬱としている人間なのに、するもんなんですねぇ。

結婚しても、憂鬱で仕方ありません。気分めちゃ重い。ストレス。

ちなみに今は、

「結婚式で1.5次会とかで費用を削ろうとして、

ただ1.5次会だーご祝儀無しだーとか言ってたら、

リターンを考えると高くなってしまって、あれ、これ普通にやったほうが安いしいい式できたんじゃねーの」鬱になっています。

うわ。なんだこれ。書き出すと頭お花畑ですね。

今私これで本当にめちゃくちゃ憂鬱なんですよ。

考えるとつらい。お金無いのに。

超変則的になってしまったので、親戚や友人に、なんか言われそうだよなぁ。

「普通にやったほうがよかったんじゃねーの?」

って言われるやつだよなぁ。恥ずかしいなぁ。嫌だなぁ。

いや、本当に憂鬱なんですよ。憂鬱。鼻の下にニキビが出て、

そのへんの物をぶっ叩くくらいにはストレスです。

 

まぁ、でも、6年前の俺が見たら、幸せなお悩みですね糞死ねってツバ吐いてそうですね。

憂鬱って-のは、本人にしかわからない、過去の自分ですら理解できそうにない感情なんですね。

書いてみると笑っちゃいそうになりましたが、

やっぱりね。うーん。気分が重い。憂鬱。

初めての長距離ドライブデート

28歳にして、初めてのドライブデート。

頑張りました。

 

終わった後、ファミレスで友人達と反省会をしましたが、謎の見栄を張ってしまいますね。

 

 

以前の私と比べると、大きく前進していますが、

未だにぬぐい切れない劣等感が、心の奥底にまとわりついていて、

嘘をついて、自己嫌悪に繋がります。ぬぬーん。

 

反省会は翌日にしましょう。その日は疲れや興奮もあって、その場の雰囲気で言葉を発してしまいます。

1日置いて落ち着いて、自分を客観的に眺めてから、友人に話すようにしましょう。そうしましょう。

 

まぁ、長期的にみたら前進しているので。前進しているので。よしとしましょう。

数年前の俺からしたら、考えられないことです。

新年が明けましたが

メインのサイトが未支払いで止まっているのに今更気づいたにょわ…

クレカを無くして再発行して、そのままだったのですよ…

 

去年は、私の環境が大きく変わる年になりました。

前職と比べると大きく収入を落とすことになりましたが、

今までになくとても楽しく過ごせた1年だったと思います。

人生のうちで最も楽しんだ1年なのではないのでしょうか。

気兼ねなくバカできる友人というのは大事だなと思いました。

その友人からロードバイクを紹介してもらいまして、

一人でできるスポーツとしてかなり楽しんでいます。

 

 

ニート脱出して4か月

2月から若者サポートステーションに行きまして、

会社紹介してもらって体験就労してきまして、

そこに少しバイトさせてもらって、

今は正社員として働いております。

田舎の工場みたいなところでございます。

 

仕事はおば・・・お姉さまとほぼ同様のことをしております。

力仕事も必要なので、女性並みの力ながらもお手伝いしております。

これまでの経験は少しながら生きており、

PCの不調を見たり、

Excelマクロを書いたり、

iPadを使った部署間コミュニケーションをとってみたり、

CADのプラグインを書いたり、

WEBサイトのSEOを考えたり(これは経験無いけど)、

社長が気になっているARを試してみたりしています。

地方の小さな工場としては大分よい給料を頂くことになりましたので、

なるべく貢献したいと、ぼちぼち頑張ってます。

 

ADHD的な発達障害の症状は依然として酷いです。

あちこちに物を置いたり、電源を切り忘れたり、

話を聞いても日本語が入ってこなかったりします。

職場ではそのようなことが起こると○○病(○○は私の本名が入る)と呼び私をおちょくります。

が、優しく注意するためのジョークとしての言い方なので、

私としては受け入れやすく有難いです。

また、おばさま方が私が人の話を聞けないことを知ってか知らずか、

同じことを繰り返し言ってくれたり、

社長がお話したことを再度その場でこっそり説明して頂くなど、

私としては相当仕事がしやすい環境です。

 

しばらくはおばさま方に甘えつつも、

仕事を覚えつつ、プライベートをちょっとずつ削ってITで貢献し、

自分のポジションを作っていければなと思いまする…

 

なんか現場に行くとか行かないとか話あるんだけどそれだけはほんと勘弁…

建築の現場とか絶対死んじまうぜ…

たまに忘れますが

普通の女性と話すと思い出しますが…

俺は普通じゃないんですよね…つらたん…

いや知ってますけど…改めて言われると辛いなぁ…

 

一人ボウリングってそんなにおかしいですかね…

くそ下手なんですけど…

友人とボウリング行ったらなんかカーブの練習したくなって

行っただけなんですけど…

ワンだふるうぉーず

どしたのmomiさん?

今までにないストーリーの滅茶苦茶っぷり。

ののかちゃんクッソ可愛いからまた出てくるのは嬉しいけど、何故こうなったし。

心なしか色々雑に見えるので、時間が無かったか精神的にまいってるのか。

絵はすごくいいんですけどね?

「TV見ないアピールはうざい」はうざい(?)

TV見ないアピールがうざい。わざわざそんなことする必要なくね?

っていう話をよく聞くけど、場合によってはTV見ないっていうのは自然な流れじゃね?

 

みんなで楽しくTVの話をしてるのに、「俺TV見ないわ」なんて話をされたらしらけてしまう。それは確かにうざい。

 

でもこういう場合もある。

みんなが見てる前提でTVの話をする。

みんなその場をしらけさせないよう適当に相槌を打つ。

一通り話し終わった後に、いや、実は俺それ知らないんだけどね?っていうと、実は知らないほうが多数派だった、とかある。

 

あと、1対1で会話するならば、俺TV見ないからわからん、といったほうがいい。

会話が続かないし。

 

逆に問題提起をしたい。

これだけTVを見る人が少なくなったと言ってるのにも関わらず、皆TV見てる前提で話を振る奴がいるということを。

オタクがガンダム自作PC、鉄道等の一般的でない話題を一般人に話したら「ごめん、わからないや」って言わない?

 というか、「なんだこいつ急に何しゃべってんの?」って思わない?

それと逆のことをしているのだという自覚がない人がいる。

逆に、え?それ知らないの?非常識~みんな知ってるよ?とか言いたげに反応する人がいる。

あ、インテリ気取り?うっざーとでも言いたげに反応する人がいる。

 

マイノリティーはマジョリティーを、マジョリティーはマイノリティーを嫌う傾向があるのは置いといて。

少なくともマイノリティーな話題はマイノリティーなりの話し方があって、

TVもそれに準じた話し方をしなければならなくなってるんじゃねーの?

 

この手の話題でよく思い出すのが、俺がLINEを初めて知ったときのこと。

ボランティアで軽く話した暴走族に近いヤンキーがいたんだけど、

俺がLINEを知らなくっても、普通に接してくれたなぁ。

ヤンキーも少数派って意識があるからだろうか?